赤ちゃん 便秘 母乳

便秘をまねくオッパイとは?

母乳で育つ赤ちゃんの便秘で注意しておきたいのが、母乳の質という点です。

 

母乳を飲む赤ちゃん

もともと母乳には腸内環境を良い状態に保つ成分がたっぷりと含まれています。ですから、母乳の赤ちゃんは人工栄養で育つ赤ちゃんに比較すると便秘や下痢にもなりにくいと言われているのです。

 

それでも、母乳栄養の赤ちゃんに便秘が全く無いというわけではありません。むしろ、意外に多く見受けられます。

 

これは現代のお母さんたちの食事と深く関係していると思われます。現代人は母乳の質を悪くするような食事をとる機会が増えているからです。昔の母親は、今の時代ほどはコンビニや外食で揚げ物や糖分を口にする機会は多くありませんでした。

 

実は揚げ物や甘いものというのは、母乳をドロドロした冷えやすいものにしてしまうのです。このようなオッパイは赤ちゃんにとってもおいしいものではありませんが、なお悪いことに体を冷やしてしまいます。

 

赤ちゃんの体の冷えは腸の働きを悪くするので便秘につながりますし、またウンチの質もつまりやすいものになってしまいます。

 

ですから、母乳の赤ちゃんが便秘がちのときは、まずはお母さんの食習慣の見直しから始めてください。

 

和食

理想的なのは、油ものの少ない和食中心の食事です。また乳酸菌を多く含むヨーグルトや味噌・納豆などをよく食べるようにすると赤ちゃんの腸にもいい影響があります。

 

産後にダイエットを行なうときは、栄養バランスによく注意しましょう。無理をしすぎると、これも母乳の質を悪くして赤ちゃんの便秘の原因となってしまいます。

 

 

食事以外の注意点としては、お母さん自身の体の冷えです。

 

これも母乳の量が不足したり、質が低下する原因になることがあります。

 

いずれにしても、赤ちゃんにとっての大事な栄養供給源である母乳は、お母さんの少しの心がけで最高の栄養にもなれば、質の低いものにもなりえます。

 

食事や生活習慣に気をつけて生活することは、赤ちゃんだけでなくお母さん自身の健康にとってもプラスになりますから、頑張っていきましょう。

 

ただ、あんまりにも我慢しすぎて強いストレスを感じるのはよくありませんから、どうしても食べたいというときには我慢せずに食べるようにしたらよいと思います。また甘いものでもほどほどに食べる分にはまったく問題はありません。食べすぎがよくないということなのです。

 

母乳の質が低下しているかもしれないと感じる時は、ミルクにオリゴ糖を混ぜて与えてみるのも、ひとつの方法です。お腹のビフィズス菌の大好物であるオリゴ糖が、腸内環境を整えてやさしく便秘を改善してくれます。

 

 

赤ちゃんを苦しめない便秘解消法はこちらへ