赤ちゃん 便秘 綿棒 出ない

出ないときは少しやり方を変えてみる

赤ちゃんの便秘でよく使われる解消法が綿棒浣腸ですが、何度やってもなかなか出ないという人も多いようです。

 

赤ちゃんとママ

出ない理由として、ひとつはやり方が不十分というケースがあります。

 

赤ちゃんのお尻に綿棒を入れるというのは結構勇気のいることですから、どうしても与える刺激が弱くなってしまうのです。

 

上手くいくためのポイントの一つは、綿棒を頭が隠れる程度まで挿入するという点です。

 

ここで入れ方が浅いと刺激を与えられません。

 

もう一つは行なう時間です。

 

長くなってはいけませんが、一回に2分間程度までは行なってみましょう。

 

綿棒の動かし方については、ツンツンとつつくだけでなく、入れたままお尻の穴を広げるように回してみるのも有効です。

 

もちろん肛門や直腸を傷つけないように、綿棒の先にたっぷりオイルを塗ったり、動かすときに力を入れすぎないことなど注意が必要ですが、あまりに慎重になりすぎて刺激が弱いといつまでも出ないということになります。

 

なかなか上手くいかないというときは、一度小児科で診てもらい綿棒浣腸のコツを教わると良いかもしれません。

 

また、硬いウンチが出口にフタのように塞がっていたら、綿棒では取り除くのが困難です。このようなときも病院に行きましょう。

 

ウンチが取り除けたなら、便秘を繰り返さないための対策もしっかりとしておきましょう。

 

赤ちゃんを苦しめない便秘解消法はこちらへ