赤ちゃん 便秘 解消法

浣腸は最終手段という認識で

赤ちゃんの便秘がひどいとき、特に硬くなった便が小石のように詰まっているような場合は、赤ちゃん用のグリセリン浣腸で楽にしてあげる必要があります。

 

市販のものもありますが、初めて使用するときや生後3ヶ月未満の赤ちゃんは病院で医師に相談してから行なうのが良いでしょう。

 

グリセリン浣腸は、グリセリンという成分を容器を使って赤ちゃんの肛門から注入するものです。

 

イチジク浣腸

有名なものでは、イチジク製薬株式会社のイチジク浣腸があります。赤ちゃん用としては0歳から5歳までの使用できる「イチジク浣腸10」という商品があります。

 

医師や薬剤師、登録販売者に相談の上で家庭で使用することも可能です。

 

使用方法は簡単です。まずは浣腸容器を40度ぐらいの温かいお湯で体温に近い程度に温めます。容器の先端にはオリーブオイルなどをつけて滑りを良くしておくとよいでしょう。

 

赤ちゃんをオムツ替えのときのような体勢で寝かせてから、肛門にゆっくりと挿入して、液を注入します。綿棒浣腸と違い、薬を注入することが目的ですから、動かす必要はありません。
薬を注入したら挿入している容器をぬいて、お尻をオムツで2〜3分おさえておき、注入した液がもれないようにします。

 

赤ちゃんが苦しそうにしているときに即効性の高い浣腸で楽にしてあげるのは必要なことですが、それだけに頼るのは良くありません。

 

薬でありますし、臓器の未発達な赤ん坊には多用するのは避けたいところです。

 

なるべく使わずに済むよう他の方法を試してみて、それでも解消しないという場合の最終手段として考えておきましょう。

 

赤ちゃんがスッキリできたら、親のほうはそれで安心してしまうのではなく、便秘を繰り返さないよう原因をしっかりつきとめて、そこから対策を講じていきましょう。

 

 

赤ちゃんを苦しめない便秘解消法はこちらへ