赤ちゃんの便秘は何日目から?

便秘対策の目安になる日数

ミルクを飲む新生児

 

赤ちゃんのウンチは、何日出ないと便秘といえるのでしょうか?

 

実は、赤ちゃんの便秘には日数や回数の目安はありません。

 

大人の場合は、3日間出ないと便秘を疑ってみるという一応の目安がありますが、腸の働きがまだ未熟な赤ちゃんの場合は、便秘でなくとも排便の頻度がコロコロ変わることが多いからです。

 

赤ちゃんの場合には、毎日出ていたのに急に3日も出ていないということが珍しくないようです。

 

ですから、出ない日が何日続いているから浣腸が必要だとか、病院に行ったほうがよいといった基準はありません。

 

日数ではなく症状や機嫌で判断する

 

赤ちゃんの便秘を判断するためには、単に排便の回数だけをチェックするのではなく、その他の症状や機嫌を観察することが必要です。

 

赤ちゃんが食欲もなく、とても機嫌悪そうだったり、ウンチが出なくて苦しそうにしているようであれば早めに病院で診てもらったほうがいいでしょうし、逆に何日もウンチが出ていないのに機嫌がよくて食欲もあるなら、もう少し様子をみてもいいと思います。

 

一方で、これまでも何度も便秘を繰り返しているような赤ちゃんの場合は、便秘になりやすいことが分かっているので、対処の目安となる日数を決めておくのもよいかもしれません。

 

例えば、何日間ウンチが出なかったら綿棒浣腸をするとか、何日出ていないなら病院に連れて行くなどと決めておくと、あれこれ悩まなくて済みます。

 

多くのご家庭では、大体3〜4日間うんちが出ないときに浣腸を試してみたり、1週間以上出ない時は病院に診せるようにしているようです。

 

もちろん子どもの機嫌があまり良くないときはもっと早めに対応する必要があります。

 

排便の状況がコロコロ変わりやすいのが赤ちゃんですから、親としては、よく観察することと、ケースバイケースで柔軟に対応することが大切になってきます。

 

赤ちゃんを苦しめない便秘解消法はこちらへ