赤ちゃん 便秘 泣く

赤ちゃんが便秘で泣く理由

赤ちゃんが便秘で、顔を真っ赤にして苦しそうに泣く様子を見ると、本当つらいですね。

 

泣く赤ちゃん

赤ちゃんは痛さを言葉で伝えられませんから、親としては赤ちゃんの便秘の対策のポイントを抑えて痛みをやわらげてあげなければなりません。

 

赤ちゃんが排便時に激しく泣いているようならば、ウンチが硬くなってなかなか出ないために痛みが生じているのかもしれません。

 

肛門で小石のようなウンチが見え隠れしているようなら要注意です。

 

このような状態では綿棒浣腸などでもなかなか除けませんし、かえって傷をつけてしまうこともあります。

 

一番よいのは病院で浣腸をしてもらうことです。グリセリン浣腸で薬剤をお尻から注入すれば、ウンチもやわらかくなって出やすくなります。

 

また赤ちゃんが泣いている時は、肛門付近に傷ができていないかも確認して下さい。

 

硬いウンチが肛門を傷つけているなら、排便時に刺すような鋭い痛みが生じているはすです。

 

このような裂肛の痛みも病院で治療してもらう必要がありますが、家ではお尻を清潔に保ち、排便後はお尻拭きで丁寧に拭いたり、ぬるま湯で洗うようにすると傷の治りも早いでしょう。

 

また傷口には軟膏を塗って痛みをやわらげ治りを良くします。

 

一度たまったウンチを取り除いたなら、再び便秘で泣くようなつらい思いをさせないために、便秘の予防に努めましょう。

 

赤ちゃんの場合は、離乳食が始まっていたとしても食物繊維たっぷりの食事など限界がありますから、ミルクにオリゴ糖を混ぜて与えてあげるのが一番おすすめです。

 

赤ちゃんを苦しめない便秘解消法はこちらへ